再開発進む立川。

中央線のターミナル駅である立川。
ここ数年で再開発の勢いは激しいものがあります。
STAGEWORKSから眺めても巨大なクレーンが7カ所で稼働している。景気の回復の気運も相まっての事でしょうが、大型クレーンを必要としない中規模レベルの工事現場も数えると凄まじいものがある。

そんな中、1966年から開業していた北口の第一デパートが幕を下し、あっという間に解体された。
500px-Daiichi_department_store
駅からわずか1分の好立地、隣接するのは高島屋、伊勢丹といったメジャーな百貨店群。クラシックなデーパートは「死に体」であったのは事実。駅直結のショッピングセンターと上部の高層マンションという複合施設に生まれ変わるのも時代の流れ。既に東京最西部のターミナル駅の八王子でも都市部最高層の複合施設が二年前に完成してることを考えれば不思議ではないが、寂しい。個人的には小さなテナントが入っていて煤ぼけた喫茶店が入っている感じなどは好きだったのだが・・・。

img01

この複合施設の完成は2015年。
近隣には先日オープンしたIKEAに続いてcostcoやららぽーとの進出も予定されている。元々の隣接地の昭和記念公園などの施設などもあるので暮らしの便利さと快適さのバランスはとてもよくなるだろうな。多摩の魅力のひとつはちょっと歩けば自然が多いことだけど、自然の丘陵はあっという間に掘削されて住宅街になってしまう。そういう意味じゃ、国営公園のように更地にされて住宅街になるような可能性が少ない自然の方がいいのかもしれないのだ。

Written by Yuichi Seshimo STAGEWORKS.inc


 

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published