秋の甲斐路。

先週末は久しぶりに夫婦水入らずでのドライブ。

今が旬の秋の甲斐路へ。

日差しは暖かく、空は真っ青!これも普段の行いの賜物!

じゃないね 笑

僕たちの住んでいる立川は東京の西部だから山梨には縁はあるのだけど、最近はもっぱら富士五湖あたりか、冬期は信州にスキーに向かう道程で甲府盆地を通り抜ける感じ。だから、じっくりと甲斐路をめぐるのは久しぶりのことだ。

中央高速を勝沼ICで降りて最初に向かったのは恵林寺。

武田信玄公の菩提寺として有名だ。

独身時代から度々お邪魔していたが、朱印帳を見る限り6年ぶりの訪問で当然のことながら結婚後は始めてだ。臨済宗妙心寺派のこの禅寺の魅力は、四方を山に囲まれた甲府盆地にありながらも、無骨さを残す境内と、後に京都の苔寺として有名な西芳寺や天龍寺の庭園の造営も手がけることになる夢想国師が築堤した庭園だ。

IMG_7944

 

四脚門。

徳川家康により1600年代はじめに再建された当時のままの姿を残す。織田信長の甲州征伐のさなか、名僧快川紹喜はこの三門で有名な

安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し

の言葉とともに火定したことでも有名だ。

 

IMG_7951

 

本堂拝観の受付は庫裏で行うが、堂内の先に広がる庭園をこのように眺めることができる。僕はこの手のビューにめっぽう弱い。どんな絵画よりも季節ごとに移り変わる自然の眺めは至極の贅沢だと思うから。夏は緑、秋は茜、冬は雪の白。いやはや、堪らん。笑

 

IMG_7960

 

本堂から武田不動尊のある明王堂へはうぐいす張りの板廊下を渡る。ここを通るのは他の拝観者がいないタイミングがおすすめだ。自分たちの踏み出す足がうぐいすの如き軋み音を出し、回廊で反響してなんともいい気分になる。渡りきった先には、信玄公存命時に模写させたと言われる不動明王像が鎮座しているが、畏敬の念も込めて撮影は控えた。

 

IMG_7935 IMG_7974

明王堂を抜けると裏手には信玄公や家臣団、元禄期の老中である柳沢吉保夫妻の墓所を経て本堂裏のくだんの庭園に出る。この時期はこれでもかという鮮やかさをもって参拝者を迎える。庭園先には秩父へとつながる北甲州の山々を抱き、京都を思わせるこの庭園は甲州の禅寺であることを思い出させてくれる。ちなみに本堂は明治期に失火により消失しているので再建されたものであるが、それでもゆうに築100年を超える日本建築だ。

境内を囲むように茶店や土産物店は点在するが、この時期のおすすめは「柿」だ。甲州には古来「八珍果」という様々な果物が有名で、今でも葡萄や桃の産地としても名を馳せる。おすすめとは書いたものの、僕は実は柿がそれほど好きではない。。。それでも、無類の柿好きの妻が飛びついたくらいなので味は保証してもよいのだと思う。。。笑

 

IMG_0742

 

じっくりと甲州の寺社を参拝したことのない妻に案内したい場所は数多くあれど、この時期の陽は短い。恵林寺の魅力に気を良くしているうちに連れてゆきたい次の場所へ。

甲府盆地の出入り口は限られる。甲州街道を経て諏訪へ抜ける道。同じく大月を経て小仏峠を越えて八王子に出る道。雁坂峠を越えて秩父へ抜ける道。富士山の東麓を経て御殿場に向かう道。そして、富士川を経て駿河に向かう道だ。次の目的地はこの富士川を下り、西岸にある「身延山」だ。

鎌倉時代、時の政権に民の救済を訴え続けながらも虐げられた日蓮が草庵を結んだ地だ。後に日蓮の高弟子であった日向上人によって更に発展を遂げた伝統ある「久遠寺」がある。ちなみに、我が朱印帳を見る限りここへの再訪もほぼ10年前であった・・・。

IMG_8024

 

南禅寺を思わせる立派な三門をくぐると鮮やかな紅葉が迎えてくれる。

その先は苦行に耐えた日蓮の精神のような長く高い菩提梯と呼ばれる287段の石段が続くので、ゆとりがあるのもここまで・・・涙。 読んでくださっている方々の参拝意欲を削ぐつもりは毛頭ないのであえてそこは伏せて・・・。ちなみに、菩提梯脇には男坂、女坂と呼ばれるつづら折りの坂道もあるので、石段が苦手な方でも本堂に向かうことはできる。

 

IMG_8000

 

無類の巨木大好き人間の僕にとっては苦しい登りにもひとときの安息がある。思わず敬礼したくなる巨木が菩提梯の途中にも、境内にもそこら中に林立している。700年もの間守られている山故か。

IMG_8008

 

菩提梯を登り切ると見事な伽藍が出迎えてくれる。本来なら、本堂背後にある身延山山上にある奥の院へと続くのだが、今回はここまで。ちなみに、昔は信徒の皆さんが苦労して登った奥の院への道も、今はロープウェーがございます♡

 

IMG_8026

 

厳かに参拝を済ませれば、あとは現代人の誘惑に・・・と思いつつも、気になっていたカフェは休業中・・・・。菩提梯を嫌々登った仏罰かな? それでも穏やかな時間を過ごすことができ、心が洗われました。周到に予定するドライブもよいものですが、ふと思い立った小旅行もなかなかよいものです。まだまだ紅葉を楽しめるところはたくさんあります。今週末は三連休。まだ、予定も決まっていな人はいかがですか?

 

Posted by Yuichi Seshimo STAGEWORKS.inc


 

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published