リアクション。

ザック退任なんだね。
全ての責任は自分にあると言ったまま日本を去るんだね。

旗色が悪くなってからの世論のディスは半端なかったし、世論とは得てしてそういうものだった。だからこそ、時の為政者は世論を気にして、知恵者であれば容易に操作する事さえ可能だった訳だ。

それはさておき、ラテンの国の指揮官らしからぬザッケローニの挨拶は形式を残しつつも、ほぼ完璧な挨拶だったような気がする。未練がましい言い訳もなかったし、方々への気配りも織り交ぜた内容だった。

日本人は舌鋒鋭く責め立てても、いざ相手の去り際にはセンチになる傾向はある。ただ、過去には何をしにきたのかわからない指揮官もいたし、与えられた環境や支援体制に不満を口にしながら去った指揮官もいた中で、『一身に責任を負う姿』はとても清々しかった。

その一方、指揮官の背中を見送った選手のリアクションは様々で考えさせられる事もあった。

長谷部は勝たせる事が出来ずに退任ということは選手が責任を感じるべきだとコメントした。何を言う、監督の為にナショナルチーム組んでいる訳じゃないぞ?金をもらって指揮官を務めているんだから結果が全てだろう?という意見もあるかもしれない。けれど、四年間同じ釜の飯を食べて来たメンバーなら理屈ではない「人間としての心情」もあるのは当然なのだろう。

長友に至っては勝たせてあげる事が出来ずに申し訳ないと号泣。名門インテルのレギュラーであって、甲子園球児ではないのに。今回、予選敗退して辞意を表明した代表監督は何人もいるが、代表選手が涙して指揮官の背中を見送るなどというエピソードは聞いた事は無い。長友が日本人だからか、ひととなりなのかは推し量れないが、いいものだ。

その反面、次の『ロシアWC』を口にする本田。
口に出さねば目標には近づかないし、口に出す事でたぐり寄せるという『引き寄せの理論』というものは実在する。だから、有限不実行だからと言って罵声を浴びる必要はないとは思うが、口だけになってしまった云々の弁は程々に次のロシアを口に出せるのは少し呆れた。もう少し、タイミングを計れなかったものかね。。。

サッカーに関しては素人の僕だけに、戦略やシステム云々の前に。。。と思ってしまうわけだ。

本題に一直線な時にこそ、人のリアクションはシンプルな姿を現すものだ。本人は気づいていないそんな時に本質というものが見える。

ものだね。

Posted by Yuichi Seshimo STAGEWORKS.inc


 

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published