リフォーム済みなんておやめなさい。

「リフォーム済みの掘り出し物件です!」

最近はこの手のポスティングがやたら目につきます。これだけははっきり言えることがあります。

 

 

「賃貸ならお得」「分譲ならやめておく」

 

 

賃貸ならお得という理由は単純です。自分の住まいではなく借住まいであるならば、綺麗であれば綺麗であるほどいいからです。いわゆる「現状復帰」というのは壁紙の張替えや破損箇所の修繕にとどまりますし、もちろん水回りの設備も含めて一応のクリーニングも入ります。リフォーム済みともなれば恐らくは設備や建具も一新されているでしょうから、内装は新築と同じだと言えます。

 

分譲の場合は、メリットはないと言っても過言ではない。

 

リフォーム済みの物件は当然のことですが、物件価格+リフォーム工事代金の合算が販売価格になります。物件そのものの相場価格を確認することはできても、リフォーム工事のコスト精査は不可能になります。不動産会社とてボランティアではないのですから、マージンは上乗せされるのは当たり前の話です。問題はその妥当性をチェックすることができないまま「販売価格」として検討せざるを得ないことです。もっとも、販売価格からその地域での同条件での実売価格を差し引けば、おおよその工事コストの金額を割り出すことはできます。それでも、あくまでもおおよその工事コストが実工事内容との整合性を見比べることは一般の方には難しいでしょう。

さらに、分譲物件として購入するということは賃貸物件の居住年数よりもはるかに長い時間をそこで暮らすという方が多いでしょう。それなのに「住まう人」が決まる前に「住まない人」が仕様まで決めて工事を実施するなんてとんでもない。オーソドックスなリニューアルはできても「住まう人」のライフスタイルや好みなんて何ひとつ反映されないのですから。常に申し上げていることですが、住まう人の思いをどれだけ反映させるか。それが長く愛せる住まいづくりの大前提なのです。

 

 

それでも例外はある

 

 

築深の物件を構造的にも精査して、きちんとした建築家がデザインを担当した物件を専門に扱う会社も最近増えてきました。「見た目」や「築年数」だけで敬遠されがちですが、実際はポテンシャルが高く、構造的にもしっかりした物件を見極めて、モチベーションの高い建築家がデザインして蘇らせた物件を販売しているケースです。そういった場合には「仕事」ではなく「思い」も篭っているので素晴らしい物件に出会うこともあるものです。検討する時間にゆとりがあるときにはじっくりとそういう会社を探してみるのもいいと思います。

 

間違っても・・・

「デザイナーズ◯◯」

 

なんて安っぽいキーワードに惑わされることなく。。。

 

いつも念仏のように申し上げていること。

 

住まいづくりは自分が参加して自分もチェックすること。

そして、そんな自分をしっかりサポートしてくれる「仲間」にめぐり合うこと。家づくりの成否はそこだけにある。

 

 

 

 

 

STAGEWORKSのリノベーションワークショップ開催します!

 

Posted by Yuichi seshimo STAGEWORKS.inc


 

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published