ブレイクシーン

ブレイクシーン みなさんはどんなシーンを好まれますか? 私の場合は、カフェを使う事が多いです。 ひと昔前ならば、愛煙家の人たちも多かったのでスモーキングルームディスカッションなんていうのも多かったものですが、今では愛煙家同士が顔を合わせるシ…

Read Post

What is real SAMURAI

日本人に限らず外国の人々も「SAMURAI」を好む。 サムライ、侍、SAMURAI・・・ 私は気軽に侍◯◯とか現代の侍などという表現があまり好きではない。むしろ侍に本質も知らずに安易に冠に「載せる」ことが好きではない。 実際に何が侍なのかは…

Read Post

良いものを長く使う。手帳。

「良いものを長く使う」 ファイロファックスのオイルドレザーの手帳。 この手帳は10年使い続けている二代目さん。 スケジュールも備忘録もちょっとしたメモもここに集約する。そんな使い方。 スマホもMacBookもとても便利ですが、すべてがデジタ…

Read Post

長く通えるお店。

世の中はクリスマス一色ですね。 今年最後の散髪に行ってきました。 私がお世話になっているのはSTAGEWORKSの近所の「FLIP」さん。 東京に拠点を移してから二軒目の私の行きつけです。 大学に進学する為に上京して、住んでいたアパートにほ…

Read Post

親の大事な仕事は苗床づくり

「親の大事な仕事は苗床づくり」 といっても何も稲の苗床などではありません。 社会は様々な変化はあっても、子ども達の「本質」は大きく変わってはいないのではないかと思います。「最近の子どもは◯◯だ」なんてことをよく耳にしますが、子ども自身が◯◯…

Read Post

無意味なものは捨ててしまおう。

「プロファイル」もしくは「プランニング」 現場に出ている方で、クライアントと会社の狭間で苦労される方は非常に多いのではないかと思う。 クライアントと直接に接している現場は、クライアントの求めるもの、スケジュールも全て把握しているのに、プロフ…

Read Post

大掃除はこつこつと。。。

師走に入ると一ヶ月が早いなんて誰が言い出したのか。 こんなに世間が頷く現象もそう多くはないものですね。 我が家も出来る所から片付けを始めています。 先週末は食器棚。 ご存知でしたか? 有効活用できる食器棚は広さも大切ですが、奥行きがひとつの…

Read Post

住みたくなる街 松本市。

住みたくなる街。 松本市。 長野県の中央部、西に北アルプス、東に筑摩山地に挟まれた松本盆地の中央に位置する松本市。 上高地から流れる梓川が西方を流れ、市街地には清流で名高い女鳥羽川が流れる。 伝統ある歴史と、様々な文化を尊ぶ品位ある街です。…

Read Post

立川の魅力ある古い家・・・

私と妻の散歩コースにある某古民家。 住む人もなく雑木林の中に佇んでいるのですが、ここを通るたびいつも同じ欲求に駆られます。 ここをリノベーションしてみたい! 一部のプレミア物件を除いて中古物件は11年目までは緩やかに、11年目以降は加速度を…

Read Post

住みたくなる街。国立市

住みたくなる街。 国立市。 某人気の街ランキングのようなイメージになってしまうが、そうではない。 私は現在の立川に住まいを移す前は隣の国立市で独身時代を過ごした。オシャレな街、アクセスがいい街というような基準ではなく、私の独断。 正確には「…

Read Post

森の中の心地よい空間

誰にでも心地よい空間というものがある。 心身を疲れを解きほぐす心地よい空間は口にするほど多くはない。 私たち夫婦が冬になるとお世話になる宿のひとつがここ。 蓼科東急リゾート 針葉樹の木立の中に佇むクラシックなホテルだ。 冬になるとスキーをす…

Read Post

紙婚式

私たちはおかげさまで結婚して本日で一年を迎えました。 世間様でいうところの「紙婚式」になります。 私が今の住まいに住み始めた当時はまだ独身でした。 2011年の3月6日にシェルターから猫の「はな」を迎えて、男ひとり猫一匹の暮らしが始まって。…

Read Post

私はスキーに連れてくよ。

私が生まれ育った群馬県の前橋という街は関東平野の北の果てで、雪こそ降らねど一時間程度でスキー場に行ける位置にある。我が家は母と姉と私にスキーを教えてくれたのは父親。冬になると家族でスキーというのは毎年の光景でしたが、当時は夜も明けぬ暗いうち…

Read Post

高額品と高級品の差

私は無類のコーヒー好き。を自称しているところもあり、下手の横好きでサイフォンを使ってコーヒーを淹れてみることもあります。独特のターコイズ色をしたファイヤーキング。これは私が長年愛用しているエキストラヘビーカップです。1940年代に作られたこ…

Read Post

人を惹きつけるのは

自分の最期を看取る医師はどんな人がいいのか? 友人であれ、お客さまであれ、会話のブレイク時にする質問です。 それは間を繋ぐ為の質問などではありません。 その人の考えを少しだけ知るための質問なのです。 手を尽くしたからと思いたいし、お金が掛か…

Read Post