最大公約数を目指す。

『最大公約数を目指しましょう』 僕はお客さんとお話しする時に必ずこのお話をします。 惜しげも無く大金を投入して新しい住まいをカタチにする方もいます。ダイナミックな家づくりはコーディネイトしていても爽快感はあるものです。ですが、そうできるお客…

Read Post

リアクション。

ザック退任なんだね。 全ての責任は自分にあると言ったまま日本を去るんだね。 旗色が悪くなってからの世論のディスは半端なかったし、世論とは得てしてそういうものだった。だからこそ、時の為政者は世論を気にして、知恵者であれば容易に操作する事さえ可…

Read Post

古きもの、新しきもの。

京都で行ってみたかった場所。 『新風館』 僕のアウトドアライフでお世話になっているブランド『Patagonia』の京都ストアが入店しているのだ。Patagonia目当てでもあるけれど、新風館も覗いて見たかった。 今の新風館は大正15年に建て…

Read Post

什の掟【じゅうのおきて】

先日、古い校舎を案内して頂いた際に思った事がある。 『教育って、いつからこんなに複雑になったのか』 僕が子供の頃は年中頭を抱えていた。 悩んでいたのではなく、拳骨をもらって痛さのあまりに抱えていた。父親だけじゃなく、学校の先生にも、そりゃも…

Read Post

登録や認定はそこまで大切か?

久しぶりに帰郷しました。 故郷で鋭気を養うと共に冬タイヤから夏タイヤに履き替え。 待合室にあるのは決まって地元のローカル紙『上毛新聞』だ。 発行部数31万部のローカル紙は朝日新聞や読売新聞を抑えて県内一の発行部数を誇る。ちなみに、ローカル紙…

Read Post

Customer Satisfaction?

個人的な用事で口座があるメガバンクへ電話。 要件はたったひとつ。 今まで通帳を持たない口座(Web明細)。      ↓ 通帳とWebバンキングの併用にしたい。 郵送での手続きが可能なので電話で申し込むらしい。 電話しますと流石はメガバンク…

Read Post

安いには訳がある!

渋滞中の車の中でふと目にした看板。 「住宅リフォームを安価で施工します」 なんでこんな看板を作ったのだろうとふと考えてみる。 消費者は「安い」という言葉にとにかく弱い。 そこに着目すればこういう看板も悪くはないが。。。 『住まい』に『安価』…

Read Post

三年目のこの日

東日本大震災から今日で三年。 もう三年なのか、まだ三年なのかは人それぞれだろう。 僕は東京で暮らし、都心が勤務地であったけれど、あの日は修理に出していた車の引き取りの為に午後は都心にはいなかった。陽気も悪くなかったから駅から徒歩でも40分は…

Read Post

建築家に対する設計料って・・・。

STAGEWORKSは建築を行う会社ではない。 お問い合わせを頂くお客さまにまず最初にご説明する事が多い話題です。STAGEWORKSは簡潔に言えば・・・ 「家作りにおける様々な局面でで必要になるスペシャリストを、お客さまのニーズやスタイル…

Read Post

SOHOスタイルってのは・・・。

外資系企業にお勤めの方なら最近はこんなことは? 「本社の人たちの勤務スタイルと日本はちょっと違う?」 本社がカリフォルニア州なのに住んでいるのはテキサス州? どうやって勤務しているのかと質問すると決まって・・・ 「オフィスに勤務しないとダメ…

Read Post

大雪の中で気づく事。

2月19日は二十四節気のうち【雨水:うすい】にあたる。 雪が雨に変わり、寒さも峠を越すと言われる時期。 そのわずか数日前、東京はこの二週連続で未曾有の大雪に見舞われた。一説には120年ぶりの大雪とも。 ここ数年、1月か2月には幾度かの積雪は…

Read Post

誰が為の満足感。

STAGEWORKSの仕事は実に足が長い。。。 友人某と電話で話していてそんな話になった。 某の言い草では活況を呈しているリノベーション業界で、毎度そんなに時間を使っていては採算が合わないだろう?「竿」ではなく「網」を使わないのはなんでだ?…

Read Post

資金調達と資金計画は違う。

お客さまに最初にする質問があります。 「家づくりの花形は誰ですか?」 大工さんと言う方もいれば、建築家という方もいる。 最近では、自分自身だと仰る方も増えてきました。 実際のところ、正解なんて当然ありません。 強いて言えば花形などというもの…

Read Post

リノベーション済み??

最近はWeb広告もインテリジェンス。 様々なアルゴリズムであの手この手で広告を表示しますね。 YouTubeを見ていても、ブログを読んでいても。。。 最近ではAmazonが顧客が購入前に発送をする仕組みである「投機的出荷」のシステムの特許を…

Read Post

快適なキッチンはアイデア次第!

我が家での「キッチンのオーナー」は妻ですが、私も一緒に立つことも珍しいことではありません。 特に料理が得意というわけではないのですが、キッチンでの共同作業は思った以上にコミュニケーションのシチュエーションとしては有意義だと思うからなのです。…

Read Post