リノベーションをしよう! 第二回

グラフ:2013年10月8日 日本経済新聞 リノベーションをしよう!の第二回は「資金計画」について書いてみます。 住まい探しの主な選択肢は、毎度申し上げていますが「新築」「中古」「中古+リノベーション」の三通りです。 今まで「中古+リノベー…

Read Post

コックは自分だけなのだ

STAGEWORKS設立準備会社を設立してから、参考にしたのはこの本だった。 「直球勝負の会社」 「思考軸をつくれ」 「入社10年目の教科書」 著者はライフネット生命保険社長の出口治明さん(現代表取締役会長兼CEO)と副社長の岩瀬大輔さん(…

Read Post

デベロッパーがリノベーションをできるのか

三菱地所レジデンスのプレスリリースで同社のリノベーション事業への参入が発表された。 目標販売戸数は初年度100戸30億円、将来的には200億円の売上げを目指すという。 三菱地所と言えば言わずと知れた大手デベロッパーではあるが、この参入の意味…

Read Post

パートナー建築家 Mr.Tada&Endo

今月号のCASA BRUTUSにパートナー建築家の多田正治さんと遠藤正二郎さんの作品「精華町の家」が紹介されていた。築100年を越える旧家を柱や梁などの古材をふんだんに残しながらモダンな内装に仕上げている。何度拝見しても木のぬくもりや居ずに…

Read Post

STAGEWORKS in REACHOUT

西新宿の一角にある、我が友のビストロ「REACHOUT」 オーナーシェフの安藤さんとソムリエの星野嬢のふたりで美味しい料理と最高のワインを提供している。 座席数は20席ほどだが、仕事帰りのビジネスマンやOLたちでいつも賑わっている。 安藤さ…

Read Post

紙婚式

私たちはおかげさまで結婚して本日で一年を迎えました。 世間様でいうところの「紙婚式」になります。 私が今の住まいに住み始めた当時はまだ独身でした。 2011年の3月6日にシェルターから猫の「はな」を迎えて、男ひとり猫一匹の暮らしが始まって。…

Read Post

私はスキーに連れてくよ。

私が生まれ育った群馬県の前橋という街は関東平野の北の果てで、雪こそ降らねど一時間程度でスキー場に行ける位置にある。我が家は母と姉と私にスキーを教えてくれたのは父親。冬になると家族でスキーというのは毎年の光景でしたが、当時は夜も明けぬ暗いうち…

Read Post

Re-Innovationの本当の意味

日本における住まい探しのポイントは良くも悪くもデベロッパーなり販売業者が作り上げたマーケティング戦略の結晶と言っても過言ではありません。新築であることの素晴らしさを演出、中古物件の築年数、内装の程度、値ごろ感といったポイントを抑えた上で「購…

Read Post